あなたのビジネスパートナーになるかも!決済代行サービス

決済代行サービスの導入方法

導入と必要な期間について

ここではクレジットカード決済の導入の流れについて説明します。
まず、初めに決済代行サービス会社に問い合わせましょう。
問い合わせし、相談にのってもらい不安を解消したらいよいよ導入の手続きをします。
その場合、一次審査と二次審査があります。
審査をクリアするため、ショップサイトが閲覧できるようにあらかじめ用意しておきましょう。
その際、テストとしての画面でも構いません。
また、特定商取引に関する法律に基づく表記も忘れないようにしましょう。
審査をクリアしたのち初期設定をし、管理画面で運用ができるようになります。
審査などもあるので、導入期間は平均2週間から4週間なので余裕を持って1ヶ月前から導入準備をしておくと安心ですね。

導入方法の種類

決済代行サービスの導入方法は主にリンクタイプとモジュール組み込みタイプの2種類あります。
どのように運用していきたいかで、どちらがいいのかが決まります。

リンクタイプはあらかじめ出来上がっている決済システムをレンタルして導入する方法です。
コストを抑えたかったり、急いで決済を導入したい方、またシステムに関することはちょっと自信がない方にオススメです。
なので、ネットショップをはじめて立ち上げるビギナーさんにはこちらの方がオススメです。
ただ、自由に決済画面をデザインできなかったり、追加機能でない場合が難点です。

モジュール組込タイプは、決済代行会社からもらうプログラムを組み込む導入方法です。
決済画面を自分で好きなようにデザインできたり、機能を増やすことができるので、こだわりたいという方にはオススメです。
ただ、時間やコストがかかるのとリンクタイプよりコストがかかるのが留意点です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ